XMのロイヤルティプログラムの特徴と活用法

XM

ロイヤルティプログラムって何?

ロイヤルティプログラムって何?のアイキャッチ画像

ロイヤルティプログラムは基本的に利用した金額に応じてポイントなどのサービスがあり、顧客を増やすために行う業者が増えています。

FX業者は国内海外問わず数が多くてライバルも増えているため、差別化をするために積極的に導入する傾向が強いです。

このようなサービスは初心者が選ぶために重視する項目で、リピーターに少しでもお得に利用してもらえるように導入する傾向があります。
この手法は日常生活においても飲食店や物販店、鉄道やバスの回数券、通販サイトなどにもあり、少しでもお得に使えるよう積極的に利用すると便利です。

海外FX業者は基本的に口座開設や入金などで必要証拠金を増やす手法で積極的に顧客を獲得し、資金を準備せずにトレードをする楽しさを味わえます。

基本的に、得られたポイントは有効証拠金に含まれるボーナスクレジットという形になり、そのまま出金することはできませんが利益を出せば可能になります。

XMのロイヤルティプログラム

XMのロイヤルティプログラムのアイキャッチ画像

海外FX業者の中でもXMは知名度が高くて利用者が多いですが、2014年7月からロイヤルティプログラムが導入されています。
参加登録は必要がなくそのまま利用するだけでポイントが貯まるシステムで、取引の金額に応じてステータスも上がりポイントが効率良く増えていく仕組みです。

日本の業者は事前登録しないと適用外になる傾向がありますが、XMPはそのようなことがないため安心できます。

XMのロイヤルティプログラムは取引の時間や量に応じてポイントが付与されるシステムで、XMPと表記され基本的に10万通貨の取引ごとに貯まる仕組みです。
XMPは米ドルの現金または取引クレジットに交換でき、いわゆるキャッシュバックと同様にお得に扱えます。

ポイントの付与率はルールがありますが大変シンプルで、取引期間に応じてロイヤルステータスが決められて得られるポイントの割合が変わります。

Executiveは1スタンダードLot / 10 XMP、Goldは1スタンダードLot / 13 XMP、Diamondは1スタンダードLot / 16 XMP、Eliteは1スタンダードLot / 20 XMPと付与率は変化し、リアル口座で取引した期間でランクが決定されます。
新規口座開設時はExecutiveから始まり、30日ごとにアップし、100日後になればEliteという最高ランクにたどり着けます。

しかし、そのまま口座を作って放置しているだけでは維持できず、Goldは30日間Diamondは60日間、Eliteは100日間取引がなければ下のランクになってしまいます。

このため、効率良くアップさせるためには何かしらの取引を継続的に行い、少しでも稼げるようにコツをつかむと効果的です。

XMのロイヤルティプログラムの活用法

XMのロイヤルティプログラムの活用法のアイキャッチ画像

XMのロイヤルティプログラムは最低でも100日間取引があれば最高ランクになり、これだけで10万通貨の単位の1ロットに対して10ポイントから20ポイントに2倍の効率になります。
ちなみに、貯まったポイントはある程度貯まればなるべく早く交換しないとお得さを実感できないもので、こまめにするように考えるとモチベーションが上がります。

また、最近ではロイヤルティプログラムなどオトクなサービスは会社の状況に応じてその都度変更される傾向があり、XMにおいても可能性はあるため何もせずに放置すると貯めたポイントをそのまま失うこともあるものです。

予想される内容は還元率が下がることや様々な制限が設けられることで、XMではボーナスクレジットまたは現金になるため条件が良いうちにしないと逆に損をすることになります。

貯めたポイントはボーナスクレジットと現金では大差があり、当然ながら現金にすると金額は小さくなります。
急に現金が必要な場合には役に立つ手段ですが、計算式はXMPから40を割り算した金額になりボーナスクレジットの3と比べれば13.3分の1となってしまいます。

このため、早く終わらせたい時や急に現金が必要な場合を除けばボーナスクレジットにするとお得になり、XMの追加口座開設可能なサービスと併用すれば資金を有効に使えます。

ただし、XMのロイヤルティプログラムには注意点もあり、仕組みを確かめないとうまく利用できないこともあります。

基本的に、ロイヤルティプログラムは1ユーザーに対して1つで、複数の口座を作ってもまとめて集計される仕組みです。
また、ボーナスクレジットはそのまま出金することは不可能で、現金交換はステータスがDiamond以上にならなければできなくなっています。

スキャルピングトレーダーは10分以内の短時間の取引が多いですが、注文を入れてから10分以上ポジションを保有しないとポイントを付与されないため注意が必要です。
ゼロ口座はポイントを利用できないため移行しないようにする必要があり、スプレッドが0になるメリットがありますがボーナスクレジットが適用されないなどデメリットもあります。

XMPポイントはロイヤルティステータスをアクティベートにしないとできないため、取引口座に資金を入金し最低でも1回のトレードをして決済する必要があります。

また、新規口座開設の3000円ボーナスの範囲内でのトレードはXMPの対象外になり、少なくても入金してトレードをすることが必要です。

XMのロイヤルティプログラムを利用する上で注意すること

XMのロイヤルティプログラムを利用する上で注意することのアイキャッチ画像

ロイヤルティプログラムを利用する時はステータスを上げれば貯まりやすくなりますが、取引を継続して行わないと下がります。

ポイントは現金にも交換できて急な出費にも対応できますが、還元率が非常に少なくてボーナスクレジットが40万円分に対して3万円と大損をします。
この傾向はどのサービスにも当てはまることですが、安易に現金にすることを考えないことが大事です。

また、ロイヤルティプログラムなどオトクなサービスは会社の状況に応じて変更される傾向があり、XMでも十分にありえると考える必要があります。
交換するタイミングは人それぞれですが、粘り過ぎるといつの間にか条件が変わって逆にチャンスロスにもなることも多いです。

ポイントはただ単に口座開設をしてボーナスを運用してトレードすることだけでは付与されず、自己資金を入金して成立させないといけません。

また、スプレッドが0でお得に運用できるゼロ口座ではボーナスは一切適用されず、最適な方法を決めてトレードをする必要があります。

XMのロイヤルティプログラムへ申し込もう

XMのロイヤルティプログラムへ申し込もうのアイキャッチ画像

XMのロイヤルティプログラムは参加登録が必要ないですが、そのままの状態では貯めることは不可能です。
その条件は取引口座にいくらかの資金を入金して少なくても1回のトレードをすることで、ポジションを決済するとアクティベートされて初めて利用できます。

しかし、新規口座開設で3000円のボーナスクレジットを付与されますが、その範囲内でのトレードは対象外になります。

貯まったポイントは会員メニューのマイ・ロイヤルティ・ステータスのリンク先で確認でき、交換手続きも可能です。

申請を行うタイミングは人それぞれですが、あまり長く貯まったまま放置すると還元率が下がることもあり得ます。
このため、ボーナスの範囲内でトレードを繰り返すことだけでなく、入金してもボーナスがあるためうまく併用するようにすれば効果的です。

ロイヤルティプログラムの申し込み方は登録なしでも何もしなければポイントは付与されないため、自己資金を入金して何かしらの取引を成立させる必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました