海外FX業者XMってどんな会社?メリットとデメリットを解説

海外FX業者XMってどんな会社?メリットとデメリットを解説のアイキャッチ画像 XM

XMの概要

XMの概要のアイキャッチ画像

XMトレーディングは2009年に設立された海外FX業者です。

全世界に100万口座を超える顧客を抱えており、従業員は200名以上います。対応言語は全世界24に上り、日本人のスタッフも2019年現在で17名います。

また、イギリス金融行動監視機構(FCA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC) セーシェル 金融庁(FSA)からライセンスを交付され運用を行っております。本社はキプロスに存在します。

MetaTrader4(MT4)という取引プラットフォームを取り扱い、XMで口座を開設しようと思えば「Micro(マイクロ)」「Standard(スタンダード)」「XM Zero(ゼロ)」の3種類から選択する事になります。

海外FX業者はいくつか存在しますが、その中でも抜群の人気を誇り、高い評価を得ているFX業者として知られています。

海外FXを考えたことがある人なら一度は名前を聞いたことがあるはずです。

XMの6つのメリット

XMの6つのメリットのアイキャッチ画像

最大レバレッジは888倍、追証なし

XMの強みとして一番にあげられるのは、最大レバレッジが888倍という驚異的な運用が可能という事です。

レバレッジとは持っている資産よりも多くの割合で取引が出来る仕組みですが、XMに関しては最大888倍です。つまり、1万円の勝ちが最大で888万円になるということです。

また、XMはそのように大きく勝てるだけではなく「追証なし」というマイナスに対する対応力も他の業者より優れています。

追証というのは、大きく負け越して元手としていれていた金額を下回って評価損となってしまい、足りない分は補填をしなければいけない仕組みのことです。

追証なしという事は大きく負け越して極端な話1億円損失になろうと残高が0円になるところでストップする仕組みです。

つまり、投資をした分以上の損失を被る事はないという事になります。

当然マイナスになると精神的なダメージは大きいですが、底が知れているので最悪負けても大丈夫な範囲に収めておけば必要以上に取引に対して心配する事はなくなります。

充実したボーナスプログラム

XMはボーナスプログラムが充実していることも大きな特徴の1つです。

例えば、新規で口座開設をするだけで入金ボーナスとして3,000円を手にすることが出来ます。もちろんこれも利益を出せれば出金する事が可能です。

その他にも、初回入金に対して最大5万円まで100%のボーナスがつくキャンペーンを常時開催したり、追加入金に対して最大50万円まで20%の取引資金がボーナスとして付与されるなどボーナス三昧です。

また、XMPロイヤルティプログラムという取引ごとにポイントが貯まるポイントカードのようなサービスがあります。

1ロット(10万通貨)の取引当たり10~20ポイントが貯まり、ボーナスへ換算する事が可能です。

また取引期間に応じてランクが「EXECUTIVE→GOLD→DIAMOND→ELITE」とグレードアップしていきます。

先ほど10~20ポイントと紹介をしましたが、最上位のELITEになれば1ロットの取引で20ポイントを獲得できるという仕組みです。

チャンスを逃さない高い約定力!

トレーダーにとっては命とも言えるのが「約定力の高さ」です。

約定とは簡単に言えば、売りたい人と買いたい人とがタイミングが合って取引が成立した瞬間のことを言いますが、特に全世界規模で取引を展開するFX業者においてはとてつもない数のユーザーが一気に売り買いを出します。

すると脆弱なサーバーを使っていると取引スピードが遅くなり、運用者の意図したタイミングで取引が出来ないという事になりかねません。

1秒で大きな差が生まれるFX投資においてこの約定力が高いか低いかは生死を分けるポイントです。

XMにおいては会社の理念として「約定スピードの向上」を挙げているほどで、全取引の99.35%が1秒以下で執行されるという正確無比な環境を整えています。

顧客が増えればその分だけサーバーを強化するといった徹底ぶりで、同社のスポンサーとしてウサイン・ボルト氏を採用したのもこのスピード感を表したかったからだと言います。

特に熟練したトレーダーになればなるほどこだわるポイントです。

豊富な通貨ペア・CFD銘柄

およそ投資家が思いつくような銘柄をすべて揃えているといっても過言ではないくらいの通貨ペア・CFD銘柄の豊富さも目を見張るものがあります。

FX通貨ペア57種類、貴金属4種類、CFD銘柄42種類と非常に充実しています。

海外FX業者として知られるLAND-FXはFX通貨ペア67、貴金属8、CFD銘柄18で合計93銘柄、同じく海外FXの代表業者FXDOはFX通貨ペアが66、貴金属4、CFD銘柄14で合計84銘柄となっています。特筆すべきはCFD銘柄の多さです。

一部紹介するとココア・コーヒー・砂糖などの商品や原油・天然ガス・ガソリンといった天然資源、日経225・ダウ平均などのインデックス先物など非常に幅が広いです。

そのため、自分が興味を持った分野に投資を出来るという意味で投資自体を目先の利益のためだけでなく、長期的な視点を持って行う事が出来るようになります。

メジャーな取引を王道として実施するのももちろん良いですが、時には気分転換でマイナーな商品に投資をしてみるというのも面白いものです。

迅速な入出金!入金手数料は無料

入出金のシステムが充実しているのも人気の理由です。

入金方法としては、クレジットカード・国内銀行(三井住友銀行)・ビットコイン・bitwallet・海外銀行送金に対応をしています。

また、「口座維持手数料無料」「入出金時の手数料無料」「口座反映スピードが速い」という3拍子揃っています。

大きな取引金額を扱うFX投資ですが、意外と日々の手数料がかかるかどうかで積み重ねで差が出ます。

また、入出金のスピードはスピード重視のトレーダーにとっては絶対に欠かせないポイントです。

XMでは、クレジットカードなら即時、銀行送金でも着金後30分以内、出金に関しても3日ほどあれば振り込まれることになります。

ちなみに2017年10月より利用可能になったbitwalletという仕組みについてあまり知らない人もいるかと思いますが、かなりスピード感がある取引が出来るのでおすすめです。詳細が気になる方は是非調べてみてください。

安心の日本語サポート

馬鹿に出来ないポイントが日本語でのサポートがしっかりしている事です。

冒頭の会社紹介でも17名の日本人スタッフが在籍していることを紹介しましたが、チャット・メール・コールバックなど全ての面で日本人スタッフが対応してくれます。海外FX業者でありながら日本人のスタッフがいることは非常にありがたいことですね。

また、ホームページも日本語対応をしていますし、取引ツールもすべて日本語で操作可能です。

英語が出来ない人が取引をする上で、自分が理解出来ない状態で取引をするのは危険すぎるため海外FXはあきらめなければいけないとなりがちですが、そんな悩みもXMならば全く気にする必要はありません。

しかも専属スタッフとしてサポートをしてくれるので、困ったタイミングでいつでも連絡を入れる事が出来ます。

XMの2つのデメリット

XMの2つのデメリットのアイキャッチ画像

スプレッドが広め

FX取引をする上で、売値と買値の差を「スプレッド」といいます。このスプレッドは少なければ少ないほど利益が出しやすいと言われています。

XMはこのスプレッドが比較的広いです。

参考までに他の業者と比較をしてみると、先ほど紹介したLAND-FXはドル/円で0.8、FXDOはドル/円で1.0なのに対して、XMでは1.8となります。2社に比べると約2倍のスプレッドの広さになっています。

どうしてもスプレッドの広さが気になってしまうという方は、スプレッド特化型の口座である「ZERO口座」というのを活用するのも1つの手です。

これはスタンダード口座に比べるとスプレッドが狭く設定されていてXMの弱点とされている部分を補填する口座と言えます。

ただし、その分ボーナス対象外になってしまうというデメリットもあるため、長い目で見た時には考えたほうが良いです。

スプレッドに特化した業者のTitanFXやAXIORYに比べれば劣ってしまうため、何を大切にするか、判断基準によって変わります。

信託保全がない

少し専門的な話になりますが、XMは完全信託保全付きではありません。

完全信託保全というのは、顧客の資金を完全に金融機関の信託口座に預けて分別管理をする体制のことを指します。

極端な話ですが、もしXMが倒産をしてしまったら自分が証拠金として預けていた金額が全額返ってくるとは言えない状況という事です。

もちろんすでに全世界に100万以上の口座を開設しているXMですから、大きく経営が傾く事は考えにくいでしょうし、顧客資金と経営資金をバークレイズ銀行で分別管理しており、運用にあたって顧客資金には手を出さない体制を敷いているため、倒産したからとはいっても全額が返ってこないとは考えにくいです。

イメージとしては同じ家庭の中でも夫と妻で財布は別にしている状態です。そのため、基本的に運用者として大きく心配をする必要はないと言えるでしょう。

XMはこんなトレーダーにオススメ!

XMはこんなトレーダーにオススメ!のアイキャッチ画像

以上のことからXMをまとめていくと、メリットとしては「最大レバレッジは888倍、追証なし」「充実したボーナスプログラム」「チャンスを逃さない高い約定力!」「豊富な通貨ペア・CFD銘柄」「迅速な入出金!入金手数料は無料」「安心の日本語サポート」、デメリットとしては「スプレッドが広め」「信託保全がない」という事が挙げられます。

総じていうならば、「ある程度のリスクを覚悟して大きく海外FXでガッツリ稼ぎたいというトレーダー」にはおすすめ出来る会社であると言えます。

取引量を多くすることでボーナスを享受できますし、最大レバレッジが888倍という事で大きな勝ちを生むことも可能です。また、約定力にこだわっている点などもプロ仕様の体制を敷いていると言えます。

取引量が多い人にとっては手数料がかからないというのもポイントが高い点と言えます。

また、日本語対応が充実していることから「興味はあったけどなかなか海外FXへ踏み出せなかったという海外FXにチャレンジしてみたいというトレーダー」にとっても充実した環境が整っていると言えます。

その分、スプレッドが広めであったり、信託保全がないというデメリットはありますが、正直いずれもそれほど大きな負担になるものではありません。

XMは総合的に優良な海外FX業者

XMは総合的に優良な海外FX業者のアイキャッチ画像

いかがでしたでしょうか。ここまでXMという海外FX業者の存在、そしてメリット・デメリットをいくつか挙げてその特徴について紹介をしてきました。

2009年に設立してからわずか10年ほどで全世界に100万口座以上を開設している現状や各国の言語で対応している運用体制などを見ると非常に優良な海外FX業者であるという事が言えます。

大きなリスクを伴うFX取引において追証がない点や充実した母国語でのサポートが受けられるのは利用者としては大きな安心を感じることが出来ます。

もし今後、海外FXを始めてみようという事を考えているトレーダーの方は非常におすすめな業者であると自信を持って言えます。

間違いなく今後さらに規模を拡大していく会社ですから、さらに口座開設や取引量が増えて経営が安定してくれば、ますますサービス内容が充実していくことも考えられるでしょう。今後の動向にも目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました