田中 浩也 慶應義塾大学 環境情報学部 准教授/慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ代表(所長)

田中 浩也

慶應義塾大学 環境情報学部 准教授
慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ代表(所長)

■所属拠点名
感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点
■経歴
  • 1998年 京都大学 総合人間学部 卒業
  • 2000年 京都大学 人間環境学研究科修士課程 修了
  • 2003年 東京大学 工学系研究科社会基盤工学専攻 修了。博士(工学)。
  • 2005年 慶應義塾大学環境情報学部 専任講師
  • 2008年 慶應義塾大学 環境情報学部 准教授
  • 2012年 慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボを設立
■講演タイトル
21世紀のデジタルものづくり―個別一品・身体適合・オンデマンド現場生産の可能性
■講演概要
個人の感性を反映するデザインツール、多様なソフトマテリアルを扱うことのできる3Dプリンタ、さまざまな立場の人々のアクティブエンゲージメントを実現するウェブシステムと利活用メソッド。それらが統合された21世紀のあたらしいものづくりが実現する社会を私たちは「ファブ地球社会」と呼びます。その具体像を紹介します。
■研究概要
パーソナル3Dプリンタの可能性について、マテリアル、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークシステム、ライセンス・社会制度の5つの視点から研究しています。特に3D形状処理のためのビッグデータ、AIのアルゴリズムに注力しています。
■リンク
Hiroya Tanaka Lab - Keio University
http://fab.sfc.keio.ac.jp/

※講演のタイトル・内容は変更になる可能性があります。


TOPに戻る