田丸 博晴 東京大学 大学院理学系研究科附属フォトンサイエンス研究機構 特任准教授

田丸 博晴

東京大学 大学院理学系研究科附属フォトンサイエンス研究機構 特任准教授

■所属拠点名
コヒーレントフォトン技術によるイノベーション拠点
■経歴
  • 1997年 東京大学大学院 工学系研究科物理工学専攻博士課程中退、同専攻助手
  • 先端科学技術研究センター、工学系研究科附属光量子科学研究センター
  • 現在 理学系研究科附属フォトンサイエンス研究機構 特任准教授
  • 光科学を軸とする、機関連携、人材育成、産学連携等各種事業の企画・推進・運用に従事。
  • 専門分野:光物性物理学、ナノオプティクス
■講演タイトル
コヒーレントフォトン技術によるイノベーション拠点
■講演概要
「光」はあらゆる場面で利用されており、分野を越えた連携の要としての親和性が高い。物理・化学・材料・生物といった分野や、大学・研究機関といった組織を超えた連携活動を基盤とし、光科学とレーザー技術を、加工など、ものづくりに適用する上で必要な、「光で加工するとはどういうことか」という課題に取り組んでいる。
■研究概要
微小なスケールでの光と物質の相互作用を、物質側の観点と光を制御するという観点の両面から俯瞰的な理解をめざす。本拠点ではその知見に基づき、難加工性材料の光加工などの場面で必要とされる物理を探求する。

※講演のタイトル・内容は変更になる可能性があります。


TOPに戻る