吉田 慎哉 東北大学大学院 工学研究科 特任准教授

吉田 慎哉

東北大学大学院 工学研究科 特任准教授

■所属拠点名
さりげないセンシングと日常人間ドックで実現する理想自己と家族の絆が導くモチベーション向上社会創生拠点
■経歴
  • 2003年 東北大学工学部 機械電子工学科 卒業
  • 2005年 東北大学大学院工学研究科ナノメカニクス専攻 博士課程前期2年の課程 修了
  • 2008年 東北大学大学院工学研究科ナノメカニクス専攻 博士課程後期3年の課程 修了
  • 2008年 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 助手
  • 2009年 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 助教
  • 2015年 東北大学大学院 工学研究科 特任准教授
  • 現在、集積化ナノ・マイクロシステムに関する研究に従事
■講演タイトル
日常的な健康管理のための飲み込み型センサプラットフォームの研究開発
■講演概要
我々は、低価格、人体無害、廃棄可能な飲み込み型センサを実現するために、いわゆる一般的な電池を使わない、深部体温測定を基盤機能としたセンサプラットフォームを研究開発している。本講演では、このセンサのシステム全体の概要や、電源、通信などの要素技術について紹介する。
■研究概要
上記の飲み込み型センサプラットフォームのシステムを構築している。特に、MEMS技術を用いた高密度実装可能な胃酸発電電池、塩水蓄積電池などの電源部の研究開発に、現在注力している。
■リンク
東北大学研究者紹介
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/19e65eeca6407f35ad5a23b4612c9233.html

※講演のタイトル・内容は変更になる可能性があります。


TOPに戻る